VIOの黒ずみケアは医療脱毛でのハイジニーナがおすすめ!ムダ毛の自己処理が黒ずみの原因

VIOの黒ずみケアVIOラインの処理しづらいムダ毛の悩みだけではなく、黒ずんでいることにコンプレックスを抱いている女性も多いでしょう。

調査員アイ

VIOが黒ずんでしまう原因を知り、黒ずみケアとしてどんなことが有効なのかを考えていきましょう。

VIOの黒ずみの原因とは?主に3パターンあります

デリケートゾーンの黒ずみの色アンケート
何故VIOラインが色素沈着を起こしてしまいやすいのか、そこにはデリケートな部位であるがゆえのいくつかの問題が挙げられます。まずは、根本的な原因について注目していきます。

「摩擦」による刺激に対する反応

  • きつめの下着を履いている
  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • トイレットペーパーの過剰な使用

皮膚に刺激を与え続けることで肌を保護するためメラニンが生成され、黒ずみが発生します。キツい下着を使用し続けていると圧迫されますし、VIOラインだけではなく足の付け根やお尻、ゴムが当たる辺りも色素沈着を起こしがちです。ワキも黒ずみやすい部位ですが、やはりシャツなどが当たりやすいピッタリとした服を着続けていると、腕を稼働させて摩擦を起こしやすいことが理由になります。
さらに、汚いからとトイレやお風呂でごしごしと擦り洗いをしていると、その刺激によって色素が沈着してしまうのです。

肌トラブルによる「炎症やかぶれ」

  • カミソリなどによるVIOの自己処理
  • 肌に合わないナプキン等の使用
  • VIOの剛毛による蒸れの放置

ムダ毛処理の際にカミソリや毛抜きなどを使用すると、皮膚を擦ったり毛穴に大きな負担がかかります。これも黒ずみの一因です。定期的に処理を繰り返すことでどんどんダメージが蓄積してトラブルを起こしやすい状態になりますし、毛穴に雑菌が入り炎症を起こす危険も高くなり、黒ずみを悪化させることになります。

かといってムダ毛を放置していては下着の中で蒸れやすくなり、肌コンディションを低下させるだけではなく悪臭まで伴うのが厄介です。

なお、下着よりもさらにIOラインに密着するナプキンの素材が合わないと、痒みや不快感が覚えるだけではなく、肌荒れを起こして黒ずみやすくなるため注意しましょう。

気をつけたい「ホルモンバランスの乱れ」

  • 妊娠によるホルモンの変化
  • 加齢によるターンオーバーの乱れ

妊娠中は平常時とホルモンバランスが異なり、エストロゲン、プロゲステロン共に分泌が活発になります。このことでメラニンを生成しやすくなり、乳首やデリケートゾーンが黒ずみやすくなるというのも原因の1つです。ただし、この場合には出産後にホルモンバランスが戻ることで改善するケースが多いため、あまり気に病みすぎないようにしましょう。
なお、加齢に伴うエストロゲンの低下、ターンオーバーの乱れにより新陳代謝が活発に行われず、色素沈着を起こしやすくなります。

意識高い系女性のVIOの黒ずみケア方法は何をしているの?

VIOのデリケートなラインが黒ずんでしまう原因がわかれば、改善するための対策を取ることが可能です。意識の高い女性が普段から気をつけている習慣、綺麗にするために行っていることを参考に、できることをしていきましょう。

締め付けすぎない身体に合った下着を利用する

下着はデザインばかりを重視せずに、身体に負担がかからないもの、摩擦を起こしにくい素材である点にも注目することが大切です。あまり食い込みすぎないものを選び、化学繊維よりも綿などのオーガニック素材で作られているもの、縫い目が当たりにくく、身につけていて煩わしさを感じない心地のいいものを探してください。
なお、下着同様に身体にピッタリとしたスキニーパンツなどもなるべく穿かないように心がけておきましょう。

VIOラインの洗浄に特化した専用ソープを使う

擦りすぎはよくない、そう思っていてもついお風呂でゴシゴシと洗ってしまうというかたには、VIOライン専用のソープを使うのがおすすめです。デリケートゾーン用に作られているため通常のソープよりも低刺激で、乾燥させないように保湿性に優れているものも多いという特徴があります。
たっぷりと泡立てて優しくデリケートゾーンに塗り、ぬるま湯でよく洗い流すだけで十分に綺麗になりますから、洗いかたも見直していきましょう。

VIOラインを医療脱毛でハイジニーナにする

ムダ毛による蒸れ防止、自己処理による肌トラブル防止のために効果的なのが、クリニックで永久脱毛をしてしまうことです。ムダ毛さえ生えてこなければ、下着の中で快適な状態をキープすることができます。
こうしたメリットから、昨今ではVラインに毛を残さずにハイジニーナ、無毛状態を希望するかたも多い傾向です。なお、海外では衛生的な観点から当たり前のようにすべてのムダ毛が処理されています。

市販されている黒ずみケアクリームを使う

デリケートゾーンの黒ずみに対して悩みを抱えている女性を対象に、黒ずみ対策用の美白クリームが市販されています。新陳代謝の活性化、保湿によるバリア機能の向上といった効果を期待できる上、敏感な部位に使用するアイテムですからいずれも低刺激です。
一朝一夕で変化が出ないため長期的な利用が前提となりますが、習慣づけることで少しずつ改善を期待することが可能です。

・VIOの黒ずみには美白ケアの「イビサクリーム」がおすすめ

イビサクリーム
イビサクリームの詳細
価格送料無料
1本7,000円
2本セット9,800円
┗1本あたり4,900円
使用方法黒ずみが気になるVIOの美白したい箇所に1日2回塗布
効果2~3ヵ月ごろから実感
成分トラネキサム酸
グリチルリチン酸
8種の保湿成分
内容量1本35g(約1ヵ月分)

【美白ケア】イビサクリーム公式

美白効果が高いトラネキサム酸、肌の調子を整えるグリチルリチン酸2K、刺激が少ない植物成分や潤い成分が配合され、無添加で子どもの肌にも利用できるクリームです。
VIOだけではなくワキや乳首、ひじやひざなどあらゆる部位に使えるため、1本持っている便利に活用できます。

調査員アイ

VIOの黒ずみケアにどのクリームを使おうか迷っている方は検討してみても良いかも♪

VIOの黒ずみ予防は医療脱毛によるハイジニーナがおすすめ

意識の高い女性達にも注目されているクリニックでのハイジニーナ脱毛。この施術を受ける大きなメリットは、無毛状態にすることにより定期的に行う必要があった自己処理の手間を省くことができるという点が挙げられるでしょう。
カミソリや毛抜きで皮膚や毛穴を傷つけることがなくなり、負担が減れば黒ずみの発生原因を減らせます。さらに、排泄物が付きにくくなり、下着内を衛生的に保ちやすくなるのもポイントです。付着物が気になってごしごしと拭う必要がなくなりますし、毛がなくなることで蒸れにくくもなります。摩擦と衛生面、蒸れといった問題をトータルで改善できるのが脱毛です。
クリニックの脱毛であれば光脱毛とは異なり再生率が低く、なおかつ医療スタッフによる安全性の高い施術を受けられます。

VIOの黒ずみの疑問

多くの女性がコンプレックスに感じているVIOライン黒ずみですが、発生原因について誤解があったり、効果的な対策である医療脱毛についても不安に思っているかたも多いでしょう。1つずつ解決していきます。

セックスの頻度が多いと黒ずみやすいという噂は本当?

VIOの黒ずみはセックスが原因ではないことが医学的に証明されています。

そういった事実はありません。摩擦による刺激、ターンオーバーの乱れなどが原因ですから、たとえ経験がなくても黒ずんでいるかたもいれば、遊んでいても綺麗なピンク色をキープしているかたがいます。

VIOラインの脱毛を検討していますがどんな方法がいいですか?

今後のケアも考えると医療脱毛がおすすめです。

安全面や効果を考慮して、医療脱毛がおすすめです。医療免許を持っている有資格者が施術を行いますから、敏感な部位でも安全に脱毛できますし、永久脱毛になるため再生率も低くなります。

クリニックでのVIOライン脱毛は痛いと聞いています

VIOの医療脱毛は痛いです。特にIラインは皮膚が薄いので痛みが強いです。

確かに効果が高い分、照射ごとに鋭い刺激を伴います。ですが、昨今ではマシン性能もよくなり痛みを感じにくくなりましたし、クリニックでの施術では麻酔などの処置を受けることができますから、心配であれば相談してみましょう。

脱毛クリニックでVIOを脱毛できないケースを知りたいです

妊娠中の方や日焼け肌の方は施術できないことがあります

安全な施術ですが、刺激が思わぬ影響を及ぼす可能性を考慮して、妊娠中は脱毛を行うことができません。また色素沈着が著しい場合や肌トラブルを起こしている場合には、先に美白ケアや治療を行ってから脱毛を開始します。

VIOの黒ずみ改善まとめ

元々の肌質の影響もありますが、VIOラインの色素沈着は積み重なった肌ダメージやターンオーバーの乱れなどが原因で起こるものです。しかし、原因がわかれば対策を考えていくことが可能ですし、下着やナプキン、洗いかたやスキンケアアイテムを見直す、そして脱毛をするといった方法で改善を試みることができます。
ハイジニーナ脱毛の希望者が多いのも、これから先自己処理が不要になり肌負担が大きく減らせること、衛生的な状態をキープしやすくなるというのが理由です。黒ずみが気になるかたもには特におすすめですから、検討してみてください。

VIOケアみんなどうしてる?