VIOの埋もれ毛はどうしたらいいの?改善方法と予防策が知りたい!

VIOの埋もれ毛

VIO のムダ毛は多くの女性の悩みの種となっています。
自己処理をしても、またすぐ生えてくる、かと言って自己処理を繰り返すと肌トラブルの原因にもなります。

調査員アイ

特に、VIO のムダ毛の自己処理でよく見られる埋もれ毛(埋没毛)はクセ者なのです。

VIOにありがちな埋もれ毛の特徴!ケアしたはずなのにプツプツ&黒ずみが

VIOにありがちな埋もれ毛の特徴!ケアしたはずなのにプツプツ&黒ずみが
ムダ毛の自己処理をしていると、たまに埋もれ毛ができているのを見たことはありませんか。
埋没毛とも呼ばれるその黒いプツプツは、VIOには特にできやすいんです。
VIOの埋もれ毛(埋没毛)の特徴と、できてしまう理由について解説します。

VIOの自己処理でよく見られる埋もれ毛の特徴

日常的にVIO のムダ毛の自己処理を繰り返すことにより、埋もれ毛(埋没毛)が見られることはよくあります。
埋もれ毛は、体の他のパーツ、特に脇などにもよく見られるものです。
その名の通り、皮膚の下に毛が埋もれている状態です。
パッと見た感じは、皮膚に黒いプツプツがあるように見えますが、よくよく見ると、薄い皮膚の下で生えてこれずにいる毛が透けて見えているのだとわかります。

ムダ毛が生えている状態ももちろん恥ずかしいものですが、埋もれ毛によって肌に黒いプツプツが見えているのも恥ずかしいですし、正直自分の体であっても、見ていて気持ちのいいものではありません。

調査員アイ

ついつい耐えきれずに、無理矢理毛抜きでつついて引っ張り出し、ひっこ抜いてしまう人もいるようです。

VIOの埋もれ毛はどうしてできる?埋もれ毛のメカニズム

そもそも、そのようなVIO の埋もれ毛(埋没毛)はどうしてできてしまうのでしょうか。
原因は何パターンかあります。

原因
乾燥肌の人だと毛穴に角質がたまってしまい、毛が上手く生えてこれずに埋もれ毛ができやすいです。
また、ふとした時に、皮膚に傷ができてしまうと、そこを新しい皮膚が覆う過程で、毛穴の出口を塞いでしまい、毛が埋もれてしまう場合もあります。
一番多いのは、度重なる自己処理により、皮膚に負担がかかることで、角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまうというケースです。

VIO を綺麗にしたいと思いケアするあまり、埋もれ毛ができてしまっては、かえってムダ毛の処理がしづらくなり、ツルツル肌とは遠くなってしまいます。
いずれにしても、さまざまな原因により毛穴が塞がれることで、埋もれ毛のできてしまうのです。

VIOの埋もれ毛に関するみんなの疑問

VIOの自己処理をしていると直面してしまう埋もれ毛(埋没毛)の問題。
できてしまったらどうするのがベストなのでしょうか。

調査員アイ

放置したり、そのまま自己処理を続けたりしても問題ないのか、悩める女性の疑問についてお答えします。

VIO の埋もれ毛は放置してもいい?

気になるVIOの埋もれ毛は見た目は気になるかもしれませんが、基本的には放置していれば、やがて自然と治るケースがほとんどです。
気になってあれこれしようとすると、かえってなかなか改善しない場合もあります。
ただし、全てのケースで放置をすることがベストだとは限らないのも事実です。
どんな時に治療が必要かというと、毛穴の周囲に炎症が起こっているのがわかるような状態だと、皮膚科を受診する必要もあります。
そこまで悪化すると、毛嚢炎を起こしてしまうケースもあります。
治療を受けずに、炎症が起きている状態を長引かせると、後々治療しても色素沈着になる恐れがあります。

埋もれ毛を自己処理するのは危険

VIOの自己処理でできてしまった埋もれ毛を、ついついピンセットで無理矢理抜いてしまう人もいるかもしれません。
けれども、それによって肌に傷がついたり負担がかかることで、炎症を起こしてしまう可能性があります。
確かに黒いプツプツは気持ち悪く感じてしまうかもしれませんが、炎症が起こってしまうとツルツル肌からはさらに遠ざかってしまいます。

調査員アイ

少しでもVIOの埋もれ毛を早く治したいのなら、なるべくそっとしておいて、自然治癒を待つのがベストです。
ただし、既に炎症が起きている場合は、受診しなければなりません。

埋もれ毛を作らないために!正しいVIOのケア方法とは?

埋もれ毛を作らないために!正しいVIOのケア方法
VIOの埋もれ毛(埋没毛)は、できてしまってからの対処ももちろん重要ですが、最初からなるべく作らないように気をつけることが大切です。
埋もれ毛の原因となる自己処理での注意点や、自己処理よりもおすすめの方法を解説します。

VIOのムダ毛を自己処理で行う際の注意点

カミソリや毛抜きを使わない

VIOの自己処理をする際に、つい家にあるカミソリや毛抜きで済ませてしまおうとする女性もいます。
けれども、カミソリや毛抜きでは、デリケートな肌を傷つけやすく、負担がかかり、埋もれ毛ができやすくなります。

電気シェーバーがおすすめ

VIOの自己処理に使うアイテムとしては、電気シェーバーが適しています。

VIO用の電気シェーバーなら、見えづらい部分、細かい部分も剃りやすい形状になっている上に、短時間で処理を終えることができます。
刃か直接デリケートな肌に触れないように、ガードがついているものも多いので、カミソリや毛抜きと比べると、肌に優しいというメリットがあります。

保湿ケアを十分に行う

VIOの埋もれ毛は、肌の乾燥など不安定な状態により角質がたまっていることが原因でできるケースがあります。
そのため、特にVIOの自己処理をした後には、専用の保湿クリームやローションでしっかりケアしておくことが重要です。

肌トラブルがあるときには自己処理をしない

普段は肌が丈夫だと思っていても、肌トラブルがあったり、肌が弱っている時にVIOのムダ毛の自己処理をしてしまうと、皮膚が傷ついてしまったり、負担がかかり、埋もれ毛ができやすくなります。

紫外線を避ける

VIOは他の部位と比べて露出する機会が少なく、滅多に日焼けをしない部分ではありますが、水着姿で紫外線を浴びると、VIO周辺の皮膚が思った以上にダメージを受けます。
その状態で自己処理をすると、肌トラブルが起こりやすく、埋もれ毛の原因にもなります。

脱毛トラブルを避けるには、脱毛サロンや医療脱毛でVIO脱毛をするのがおすすめ

いろいろ対策を行なっても、デリケートな部位であるVIOのムダ毛の自己処理を繰り返すと、どうしても埋もれ毛(埋没毛)のリスクは避けられません。

調査員アイ

医療脱毛や脱毛サロンでVIO脱毛をすれば、自己処理を繰り返す必要がなくなるのでおすすめです。

医療脱毛『湘南美容クリニック』

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックVIO脱毛料金
1回9,800円
3回28,500円
6回54,000円

医療脱毛でおすすめなのが、『湘南美容クリニック』です。
料金が高いというイメージを持つ人が多い医療脱毛ですが、湘南美容クリニックならVIO脱毛の6回コースが54,000円という大変リーズナブルな料金で利用できるのが魅力です。脱毛医療脱毛のメリットは、クリニックでしか使えない出力の高い医療用レーザーを使い、永久脱毛ができることです。自己処理をしなくてもずっときれいなVIOを保つことができます。
もしも施術により肌トラブルが起こってしまった場合にも、医師による診察を受けることができ、薬の処方など適切な対処をしてもらうことができます。

脱毛サロン『ストラッシュ』

ストラッシュ

ストラッシュVIO脱毛料金
6回42,980円
12回77,980円
脱毛し放題110,980円

脱毛サロンで特に注目を集めているのが『ストラッシュ』です。

ストラッシュではVIO脱毛の6回コースが42,980円というお手頃な価格となっているので、気軽に利用することができます。

この料金で自己処理の手間を省くことができるようになり、肌トラブルのリスクを減らせるなら、自己処理を繰り返すよりもコスパが良いと考える人も多いです。

最新の脱毛機により、デリケートなVIOの肌に負担をかけずにムダ毛を処理することが可能です。
VIO脱毛は他の部位に比べて痛みが強く出やすいものですが、ストラッシュでは痛みやダメージを極力おさえた脱毛ができます。

埋もれ毛(埋没毛)は黒いぽつぽつの原因!綺麗なツルツル肌にしたいならプロに任せよう

VIOの自己処理では埋もれ毛(埋没毛)の悩みがつきもの。
少し注意をしながらお手入れをするだけでも、VIOのあの嫌な黒いぽつぽつを防ぐことができます。
けれども、埋もれ毛とは無縁の、ツルツル美肌を手に入れるための一番良い方法としては、自己処理を繰り返すのをやめて、脱毛サロンや医療脱毛でVIO脱毛をすることをおすすめします。