VIO脱毛ができない人ってどんな人?対処法が知りたい!

VIO脱毛ができない人ってどんな人?対処法が知りたい!

VIO脱毛を始めたいと考える女性は多いですが、その前に、もしかしたら自分が「VIO脱毛ができない人」に当てはまるかもしれません。

調査員アイ

まずは、「VIO脱毛ができない人」がどんな人なのかを確認しておきましょう。

目次

VIO脱毛ができない人もいる!始める前にまず確認しておこう

VIO脱毛をしたいと考えても、以下のような条件に当てはまる人は、脱毛サロンやクリニックで施術を断られる可能性が高いです。
当てはまるものがあるかどうか確認してみましょう。

持病がある人はできないことも

以下のような持病を持っている人はVIO脱毛ができない可能性があります。

  • 甲状腺に疾患がある人
  • てんかん発作の経験がある人
  • 心疾患がある人など

施術を受けることにより、持病を悪化させる可能性があることと、常に治療のための服薬が必要な場合には、施術により体調不良などが起こるリスクがあるため、断られることがあります。

妊娠中・授乳中の人は効果が期待できない

妊娠中授乳中である場合は、VIO脱毛はできません。
なぜかというと、妊娠中・授乳中にはホルモンバランスがかなり変化するからです。

調査員アイ

肌が過敏な状態にあり炎症などのトラブルを起こしやすく、また、妊娠中は特に体毛が濃くなりやすく、せっかく施術を受けても十分な脱毛効果を感じることができないといわれています。

参考ページVIO脱毛は妊活前に完了すべき?妊娠を考えている人ほどおすすめな理由

傷跡や痣がある人はスタッフや医師に相談が必要

元々はっきりとわかる傷跡や痣がある場合には、VIO脱毛の施術を受けることが可能かを医師に相談する必要があります。

注意
傷跡や痣のある部分に光やレーザーを照射してしまうと、過度に反応してしまい火傷をしてしまうリスクがあります。
基本的に、傷跡や痣の部分は避けて照射を行うところがほとんどなので、その部分に生えている毛を脱毛することはできません。

アトピーの炎症や色素沈着がある人は断られることがある

アトピーや敏感肌でも程度が軽ければVIO脱毛ができるサロンやクリニックはあります。
ただし、アトピーの炎症がひどく薬が必要な状態だったり、色素沈着がひどいと、脱毛によるダメージにより悪化したりトラブルの原因となるので、施術を断られる可能性が高いです。

調査員アイ

かかりつけの病院で相談したり、カウンセリングで状態を見てもらう必要があります。

参考ページVIO脱毛がしたいけどアトピー・敏感肌でもできる?おすすめの医療脱毛クリニックを紹介!

目立つほくろがある人・過度の日焼け肌の人は火傷のリスクが

サロンの光脱毛や、医療脱毛のレーザー脱毛は、毛の黒い部分に反応することで脱毛効果が発揮されます。

注意
そのため、目立つほくろがあると、強く反応してしまい火傷をしてしまう恐れもあります。
また、過度に日焼けをしている肌だと、VIOのムダ毛だけではなく、肌全体にも強い熱が加わり、火傷や痛みなどの危険があります。

光過敏症などアレルギーがあると施術ができない

光過敏症の人の場合は、普通の人には害のない程度の日光を浴びただけで、湿疹水泡などができてしまいます。
そのような人は、脱毛サロンでの光脱毛でもアレルギー反応を起こす場合があるので、施術を断られてしまいます。
医療脱毛ではサロンの光脱毛と比べてアレルギー反応が出ることはまれと言われていますが、念のため医師に伝えて慎重に行う必要かあります。

白髪が多いと効果が出ない

光脱毛や医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応して効果が現れます。
そのため、白髪には脱毛効果はありません。

調査員アイ

たとえ、白髪染めて表面を染めても、毛の内部や毛根に黒い色素がないため脱毛はできないのです。

こんな時はVIO脱毛ができないので注意!

こんな時はVIO脱毛ができないので注意!
VIO脱毛ができないような体質や条件にあてはまらなくても、一時的にVIO脱毛ができないという時期は意外とあるものです。
計画的に脱毛をするためにも、あらかじめ確認しておきましょう。

生理中はVIO脱毛ができない

これはVIO脱毛特有のことではありますが、生理中にVIO脱毛をすることは、衛生面安全面からも不可とされています。
予定外に生理になってしまった場合には、早めに予約のキャンセルや変更をしましょう。

薬を服用していると施術が受けられない

基本的に何か薬を服用していると、施術はできないというところが多いです。
薬によっては、服薬中に脱毛をするとアレルギー反応が出たり体調不良が起こる可能性があるからです。

肌トラブルがある時は施術を断られる

脱毛は肌に負担がかかるものです。既に肌にトラブルがある状態では施術を断られます。
無理をして施術を受けても、悪化してしまい次の施術もしばらくできなくなります。

調査員アイ

肌状態が安定している時に施術を受けましょう。

日焼け直後の施術は痛みや火傷の危険性が高い

日焼け直後の肌は過敏な状態にあり、脱毛によるダメージで炎症を起こしやすいです。
また、光脱毛や医療レーザー脱毛は肌の黒い部分に反応するため、日焼けをした状態では、強い痛みを感じたり火傷をしてしまうリスクがあります。

ピルを服用していると施術不可の場合もあるので注意

ピルを服用している最中にVIO脱毛をすると、薬の副作用により色素沈着を起こしやすいというデメリットがあります。
それでもOKというのであれば、施術ができる場合もあります。

VIO脱毛ができない人に当てはまる…そんな時の対処法

VIO脱毛ができない人に当てはまる…そんな時の対処法
自分が「VIO脱毛ができない人」の条件に当てはまっている…ということは、VIO脱毛ができないの?とがっかりしている人もいるかもしれません。
けれども、いくつか対処法はあります。

持病や傷など事情のある場合は医師に相談する

持病があったり、傷などがある場合でも、医師の診察を受けた上で、VIO脱毛の施術が可能という場合もあります。

医療脱毛がおすすめ
脱毛ができるか不安がある方には、脱毛サロンよりも、医師の診察を受けた上で脱毛ができる医療脱毛がおすすめです。
さまざまな症例を見てきた実績のあるクリニックであれば、安全にVIO脱毛ができる可能性があります。

妊娠・授乳が終わるまでは我慢・VIO専用電気シェーバーを使用する

妊娠中・授乳中の人は残念ながらVIO脱毛ができません。
ずっとVIOのムダ毛のお手入れができず憂鬱な日々となるかもしれませんが、どうしても気になる時は、VIO専用の電気シェーバーを使って、気になるところのみ簡単に処理するという方法があります。

調査員アイ

肌トラブルを起こす可能性もあるので、慎重に、どうしてもという時にお手入れをするのがおすすめです。

おすすめのVIO専用電気シェーバー

Panasonic VIO フェリエ

フェリエ
VIO特有の太くて長い毛もスピーディーに処理できます。
肌に当たる刃は丸いのでデリケートなVIOも優しくお手入れすることができて安心です。
トリマー刃ネット刃を仕上がりの好みに合わせて使い分けられます。
防水仕様なのでお風呂で使うことができ、丸洗い可能なのでいつでも衛生的に使うことができます。

アトピー肌や色素沈着がある人でも施術が受けられる脱毛サロンやクリニックを探す

アトピー肌の人や色素沈着がある人はVIO脱毛を断られますが、サロンやクリニックによっては施術が可能、というところもあります。
使用している脱毛機によって、アトピー肌や色素沈着がある肌でも施術が可能な場合もあります。

調査員アイ

ネットで調べて情報を集めたり、問い合わせたり、カウンセリングの際に施術可能かどうかを相談してみましょう。

おすすめの脱毛サロン

ストラッシュ

ストラッシュ

ハイジーナ(VIO)脱毛料金
6回 42,980円
12回 77,980円
脱毛し放題 110,980円

ストラッシュは肌への負担が少ないSHR脱毛を採用している脱毛サロンで、敏感肌の人でもVIO脱毛をすることができます。
デリケートなVIOでも熱や痛みが少く、施術もスピーディーなので安心して脱毛することが可能です。リーズナブルな料金設定で、費用の面で脱毛をためらっていた人にもおすすめです。

ストラッシュ無料カウンセリング➡

おすすめの医療脱毛クリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニックのVIO脱毛セット
1回 42,000円
5回 84,000円
追加1回 21,000円

レジーナクリニックは色素に反応することなく脱毛効果が発揮できる、高性能脱毛機「ソプラノアイスプラチナム」を使用しているため、色素沈着がある肌でも施術ができます。
短期間でも高い効果の期待できる医療レーザー脱毛により、永久脱毛が可能。
痛みや肌へのダメージを極力おさえた施術で、安心してVIO脱毛ができます。

レジーナクリニック無料カウンセリング➡

光過敏症が心配な人はまずはテスト照射を受けてみよう

調査員アイ

はっきりと光過敏症だとわかっている人は光脱毛は避けた方が良いですが、薬の影響などで知らないうちに光過敏症になっている場合もあります。
初めてVIO脱毛をする時に、光脱毛や医療レーザー脱毛にアレルギー反応が出ないか心配な人は、まずはテスト照射を受けてみて、問題がないかどうか確認してみると安心です。

日焼け肌でもVIO脱毛ができる脱毛サロンやクリニックもある

日焼け肌は脱毛がNGと言われていますが、中には施術が可能な脱毛サロンやクリニックもあります。複数の脱毛機を使っているところでは、日焼けをでも施術ができることがあります。
ただし、日焼け直後の施術や、脱毛に通っている最中の日焼けは危険なので、VIO脱毛をすることになったら日焼けをしないように気をつけましょう。

おすすめの脱毛サロン

ストラッシュ

ストラッシュ

ストラッシュVIO脱毛料金
6回 42,980円
12回 77,980円
脱毛し放題 110,980円
毛の色素ではなく、毛包にはたらきかけるSHR脱毛を採用しているので、肌が黒い日焼け肌の人でも安全にVIO脱毛をすることができます。
肌に優しく痛みの少ない脱毛で、施術時に使うスーパージェルにより、保湿効果や黒ずみ防止効果もあり、脱毛しながら美肌を手に入れることができるのも大きな魅力です。

ストラッシュ無料カウンセリング➡

おすすめの医療脱毛クリニック

フレイアクリニック

フレイアクリニック

フレイアクリニックVIO脱毛料金
1回 38,000円
5回 85,000円
8回 128,000円
フレイアクリニック日焼け肌にも施術が可能な脱毛機「メディオスターNeXT PRO」という脱毛機を使用しています。
従来の脱毛機とは違い、メラニン色素ではなく発毛司令部であるバルジ領域に作用するため、日焼け肌でも火傷や強い痛みの心配がありません。
効果の高い医療脱毛ながらもリーズナブルな料金設定でコストパフォーマンスも高いのが人気の理由です。

フレイアクリニック無料カウンセリング➡

白髪の場合はニードル脱毛という選択肢もある

既にVIOのムダ毛が白髪になってしまっている人は、残念ながら光脱毛でも医療レーザー脱毛でも脱毛はできません。
そのような場合には、電気針で毛根にダメージを与えるニードル脱毛という選択肢があります。

調査員アイ

ただし、痛みが強いなどデメリットもあります。

とりあえずサロンやクリニックに相談してみよう

自分はVIO脱毛ができるの?できないの?とわからない場合には、まずは脱毛サロンやクリニックに問い合わせをしてみましょう。
カウンセリングで相談したり、肌の状態を見てもらえば、施術ができるかわかるはずです。

VIO脱毛ができないと思っていたけど、できた人の体験談を紹介

VIO脱毛ができないと思っていたけど、できた人の体験談を紹介
それでは、VIO脱毛ができないと思っていたけれど、実際にはVIO脱毛ができた!という人たちの体験談を紹介します。
同じような事情のある人は参考にしてみてください。

持病がありましたが医師に相談してVIO脱毛をすることができました
「私はもともと心疾患があったので、VIO脱毛は断られると思っていました。でも、今は特に治療の必要がない状態で、医療脱毛のクリニックで先生に相談したら、施術が可能ということで、安心して脱毛することができました」
アトピーで色素沈着ありでしたがVIO脱毛できました
「昔アトピーがひどくて、今は落ち着いているものの、色素沈着がありました。最初に問い合わせたサロンでは断られましたが、医療脱毛のクリニックで施術を受けることができました。」
もともと地黒で心配でしたが、施術可能な脱毛機でVIO脱毛ができました
「私は結構肌の色が黒いので、VIO脱毛したいけど無理かなと心配していました。でも、カウンセリングを受けた結果、複数の脱毛機の中から色黒でも施術できる脱毛機を使ってVIO脱毛をすることができました。」
敏感肌で肌トラブルが心配でしたが安全にVIO脱毛ができました
「敏感肌でVIO脱毛はダメージが大きいかなと不安でしたが、敏感肌だからこそ自己処理をやめてVIO脱毛をした方がメリットが多いと知りました。しっかりケアをしてもらい、肌トラブルも起こりませんでした。」
SHR脱毛なら日焼け肌でも脱毛できます
「日焼けした肌は脱毛できないって聞いていたけど、SHR脱毛なら大丈夫でした。しかも、VIOでも痛みが少くて、施術もすぐに終わるので無理なく脱毛することができました。」
複数の脱毛機を使っているクリニックなら対応してもらえることもあります
「医療脱毛クリニックを選ぶ際には、複数の脱毛機を使い分けているところがおすすめです。肌の状態や毛質に合わせて脱毛できるから、いろいろな人に対応することができるみたいです。」

体験談についてまとめ

実際に、VIO脱毛ができないかも?と思っていたけれど、結果的には無事にVIO脱毛ができた!という人は意外と多いようです。
ただし、心配なことがある人は事前に医師やスタッフに必ず伝えることが必要です。

調査員アイ

サロンやクリニックによって、対応可能なところと不可能なところがあるので、いくつか探してみると良いでしょう。

VIO脱毛ができない人に当てはまる人は事前に確認しておこう!施術可能なケースもあるのでまずはサロンやクリニックに相談しよう

「VIO脱毛ができない人」という条件はいくつかあります。
まずは自分が当てはまるかどうかを確認しましょう。
ただ、当てはまる場合でも、サロンやクリニックによっては対応が可能な場合もあるので、カウンセリングで相談してみることをおすすめします。